• HOME > 
  • 無機ハイブリッド塗料

無機ハイブリッドチタンガード・IR/ルーフ・IR

HYBRID高機能・超耐久塗料 無機とチタンと有機フッ素を融合したそれぞれの特長を合わせ持つ超耐久性性能塗料が出来ました。

次世代の樹脂塗料へ。その頂点―――

無機ハイブリッドチタンガードシリーズ

無機とチタンとフッ素の特長を合わせ持つ超耐久性性能塗料が出来ました。

私たちの日常生活の中には「有機物」「無機物」に分けられます。「有機物」は植物やプラスチックなどで、太陽の光で劣化しやすいものがほとんどです。「無機物」はガラスなど、太陽の光で劣化しにくいものが多く、その違いは分子レベルの結合強度によります。では「劣化」はなぜ起こるのかと言うと、分子の結合強度が、太陽エネルギーより低いと起こり、高いと起こりにくくなるんです。ところで、「無機物」である酸化チタンは白色顔料として優れており、無機顔料の中で最も高い屈折率を持ち、

紫外線カットの高さから耐候性に優れている事が知られています。しかし酸化チタンには、紫外線を吸収することにより発生する劣化因子「ラジカル」が塗膜中の樹脂を破壊することが難点でした。そこで新技術である「ラジカル制御技術」によって「ラジカル」の発生を制御することに成功し、高い耐候性を実現しました。これにより高い「無機物」の結合力と数種の「無機物」が選択でき、酸化チタンの特性を活かせる複合技術による超高耐久性塗料が完成しました。

これまでの樹脂塗料を、もっと強く美しく、もっとフレキシブルに使いやすく。
その機能と性能は、さまざまな試験で実証されています。

その優れた耐候性を証明!

これまでの常識を超える、世界最高峰の建築用塗料です。

光沢耐候年数!30年先まで耐久性が期待できます 耐白亜化性!色あせしにくい塗膜です 低汚染性、防藻・防カビ性!雨筋汚れを未然に防ぎます しなやかで強靭な塗膜!柔軟でひび割れしにくい塗膜です メンテナンスコスト!塗替え回数を削減できます 高意匠性!住まいの意匠を生かすクリヤー塗料

Sグレードライン 〈外壁:ハイブリッドセラガードF・F-IR〉

その美しさ、いつまでも。

これからのフッ素樹脂塗料の新基準

無機配合4フッ化フッ素樹脂塗料 ハイブリッドセラガードF 塩素フリーの次世代の塗料です。

建物に美観と耐久性をプラス―ハイブリッドセラガードFは、幅広い建築用途にフィットします。

Sグレードライン 〈 屋根:スーパーサーモテックルーフF・F IR 〉

Sグレードライン

建物をより強く、より美しく

無機成分配合4フッ化フッ素樹脂塗料スーパーサーモテックルーフFシリーズ

スーパーサーモテックルーフF 

スーパーサーモテックルーフFIR 

スタンダードライン

かつてない、しなやかさ。

建物をより強く、より美しく

ファインセラガードF・IR ファインセラガードF・IR

住まいの美観をより永く保ち、資産価値を高める

ファインセラガードFアクア 優れた耐候性

ネオライトナノチタンコート

環境にやさしい光触媒コーティング 自然光の力が、いつまでも美しく環境にやさしい住まいを実現。 比べて分かる、その効果と持続性。ハイレベルの性能を誇る外装用塗料。 細菌も臭いも、まとめて浄化するパワーをお部屋に活用。 空気浄化、抗菌、防臭…。 内装用塗料としても優れた性能を発揮。 ネオライトナノチタンコートのご紹介 光触媒とは 光触媒効果 セルフクリーニング効果 ネオライトナノチタンコートの優位性 [外装用]セルフクリーニング試験 グッドホーム品の薄膜微細構造 [外装用]テスト施工例:壁面 ガラス用を塗布したガラスの曝露実験 ガラス用を塗布したステンレスの曝露実験 [ガラス用]塗布ガラスの外観 [ガラス用]分光反射率による評価 [内装用]アセトアルデヒドガス分解試験(自社法) [内装用]抗菌性・抗ウイルス性[内装用]抗菌性・抗ウイルス性(暗所特性) Appendix

バリアストーン

天然石のような深みを感じる色調に 水性形一液外壁用高耐久シリコン系上塗剤・バリアストーン VARIOUS TONE

建物に優雅さと個性を与える優れた意匠性

シックで落着きのあるレッド・イエロー系、スタイリッシュなブルー・グリーン系まで個性溢れるカラーをそろえました。色の組み合わせによって、様々なコーディネートを楽しむことができます。


12色のカラーバリエーション

美しい意匠を長期間保つ、優れた耐候性

美しい意匠を長期間保つ、優れた耐候性バリアストーンはスーパーUV式促進耐候性試験4000時間をクリア※しており、期待耐用年数15年以上。
美しい外観を長期に保つことができます。

※社内試験による結果。あくまで試験環境下にもとづく推測値であり、耐候性を保証するものではありません。実際の自然暴露環境下では、下地の状態、施工方法、気象条件により耐候性は異なる場合があります。


多彩なチップを立体的に散りばめ、本物のような石調風に。

多彩なチップを立体的に散りばめ、本物のような石調風に。バリアストーンの美しい色調は、色付きの中塗材(バリアストーンミドルコート)の上に、塗料から作られた複数色のチップを透明塗料に混ぜ込んだ上塗材(バリアストーン)を塗り重ねることで作り出されます。これにより、ベースとなるカラーの上に、多彩なチップが立体的に散りばめられ、深みのある色彩となるのです。
さらに、砂利や砂などの重い材料を使用していませんので、建物への負担が少ないメリットもあります。



バリアストーンの施工事例
対応素材
コンクリート・モルタル・ALC・窯業系サイディング・各種旧塗膜 
試験結果
■JIS A 6909 建築用仕上塗材:『低温安定性』『初期乾燥によるひび割れ抵抗性』『付着強さ』『温冷繰返し』『耐候性A法』『耐候性B法』全て合格
■JIS K 5400 塗料一般試験方法:『耐衝撃性』合格
■JIS K 5600 塗料一般試験方法:『引っかき硬度(鉛筆法)』『耐水性』『耐酸性』『初期耐水性』全て合格
標準施工仕様
バリアストーンの施工事例 ※吹付け用です。ローラーでは施工できません。 ※1 下地の種類や状態で塗布量・塗回数が変わります(旧塗膜を隠蔽し、同時に指定色を得るためのベースになります)
下地調整
●劣化し脆弱な部分等は、ディスクサンダー、スクレーパー等により除去する。
●漏水箇所は予め水が侵入しないように処置し、汚れ、付着物、油脂類等を高圧洗浄、スクレーパーやシンナー等で除去する。
●塗装する下地は清浄で、十分に乾燥させる。
●劣化したシーリング材は全て撤去し、新規シーリング材で打ち替える。 
施工上の注意
●雨・強風・結露等の悪天候及びこれらが予想される場合には施工は避けてください。
●5℃以下、湿度85%以上での施工は避けてください。
●使用する前に塗料を十分に撹拌してください。
●エアレス施工の場合には塗装ロスが大きくなりますので、塗布量の上限値を目安にしてください。
●上記塗布量及び塗回数は下地の材質・状態等で増える場合があります。
●既存塗膜の劣化が著しい場合、または既存塗膜のないセメント系下地に直接施工する場合、必ず事前にシーラーを塗布してください。
●シーリング目地に塗装した場合、動きに追従出来ずに塗膜がひび割れることがあります。
●上塗では中塗の透けやムラは隠せませんので、確実に塗り残しがないように中塗を塗装してください。
●中塗の施工後は所定の乾燥時間を取り、必ず指触乾燥を確認してから上塗工程に進んでください。
●一度に厚付けすると白濁しますのでご注意ください。
●電動ミキサー等を用いて撹拌すると、塗料中のチップが壊れてしまいますので、撹拌棒等で均一になるようにゆっくりと撹拌してください。
製品データ
製品データ【バリアストーン】【バリアストーンミドルコート】
外壁塗装・リフォームキャンペーン開催中

ただいま、WEB限定キャンペーン開催中!!

WEB限定で外壁塗装・リフォームキャンペーンを開催しています。キャンペーン期間中、無料診断・無料お見積もりまたは資料請求(無料)をしていただいた方、毎月10名様に3,000円分のQuoカードを進呈致します。外壁塗装・リフォームをご検討の方はお気軽にお申し込み下さい。

無料診断・無料お見積もりのお申し込み資料請求(無料)のお申し込み

Page Top