• HOME > 
  • リフォームネットワーク

リフォームネットーワーク

安全安心 リフォームネットーワークRとは

4つの取り組み 1.地域安全活動・地域コミュニティとの防犯・防災連携2.リフォーム窃盗・悪質リフォーム撲滅運動 3.ラクガキ防止推進運動4.子供を守るプロジェクト プラス、防犯モデル認証制度。戸建住宅、アパート、マンション、介護施設、病院、恰好施設などの独自プログラムによる「防犯アドバイス」と、独自開発の防犯モデル基準を用意し、専門家(建築士・防犯環境診断士・警察OBなど)による審査から認定までを行う事業です。

安全安心リフォームネットワークの設立趣旨

昨今、子どもや女性などが犯罪に巻き込まれる事件や事故が後を絶ちません。私は防犯のプロとして、地域に根差しているリフォーム店など建設業界の方たちと、何かできることはないかと模索しました。地域住民とリフォーム店、建設会社が共に防犯活動をする仕組みがない中、私は地域と企業の接着剤になり、安全と安心なまちづくりを推進する活動を始めたのです。

具体的には、地域での防犯パトロールや防犯アドバイスの実施。また防犯・防災アドバイザーを養成し、地域での環境づくりに力を入れました。さらに、個人レベルでは限りのあるボランティア活動を、建設業の方たちに声をかけることで仲間を増やし、地域コミュニティでの犯罪抑止力機能を向上させる「安全安心リフォームネットワーク」を設立しました。

「地域の人たちの守り人になりませんか?」との趣旨に賛同し、「地域の役に立ちたい、貢献したい」という事業者の皆さんとともに、これからも地域の安心と安全に力を注いでいきたいと思います。

リフォーム窃盗について

リフォーム中の住居は、養生ネットや足場に囲まれているため、窃盗犯の侵入を許しやすいと言われています。2012年には、都内で952件のリフォーム窃盗が発生しており、リフォーム需要の増加とともに、窃盗の被害も増加するという現象も。安全安心リフォームネットワークでは、リフォーム窃盗を未然に防ぐ仕組みも構築し、社会的に注視されている問題にも切り込んでいきたいと考えています。

リフォームネットワークの活動

防犯足場®について

防犯足場®のコマーシャルシート

昨今、リフォーム中の窃盗事件が問題視されています。リフォーム中の住居は養生ネットや足場で囲まれ、窃盗犯の侵入には打ってつけ。そこで永年犯罪手口を研究した防犯のスペシャリスト達がリフォーム窃盗を防ぐための最新の防犯システムを導入します。
監視カメラの導入で工事中の施工管理と手抜き工事を見逃しません。

落書防止運動

荒れた地域には犯罪が起こりやすい「割れ窓理論」の考え方で、街にある”落書き”塗装のプロが落書きを消し、再発防止対策に乗り出します。

防犯リーダー育成講座

各地域で防犯環境診断士研修会

地域と企業に対して防犯アドバイスや教命公衆の企画を行います。防犯・防災対策のスペシャリスト協力し「地域の防犯・防災力アップ」に努めます。

防犯スポーツ教室®

子ども達が犯罪に巻き込まれる事件が多い中、私たちが掲げる子どもを守るプロジェクトの一つが「防犯スポーツ教室です」!!
「素早く逃げる・大声を出す・断る・知らせる」を体験型防犯教室でしっかり子どもたちに教えます!!

防犯パトロール・清掃活動

防犯の定番といえば「防犯パトロール」です。
そこで会員たちが地元で独自の防犯パトロールや地元地域と協力し、防犯パトロールを行い、同時に”街の美化”にも頑張っています!

全国各地で防犯教室

全国各地で「子供・女性・高齢者」を対象とした、防犯教室を開催しています。地域の公民館や集会所、職場などでも行っております。少しでも犯罪被害を未然に防ぎたいからたくさんの方に参加を呼び掛けています。

Page Top