外壁塗装

外壁塗装

塗り替え時はいつ?

外壁塗り替え時とはいったいいつなのでしょうか、といったご質問をよくお受けいたします。
新築から10年近く経過すると外壁をはじめとしてお住まいの様々な部分に亀裂や剥離、ひび割れといった劣化が生じてきます。だからといって今すぐ危険ということではありませんが、これらの劣化が発生したタイミングが塗り替え時期の合図とも言えます。

塗り替え時:亀裂や剥離
-

どのような作業を行うのですか?

主な外壁塗装作業としては、壁面の汚れなどを落とす「下地処理」と、壁面に塗料を塗る「仕上げ塗り」の2つの工程に分けられます。

下地処理

基本的な下地処理は水洗いとひび割れの処理になります。
現状の壁面と仕上げ塗装材との付着強度を高めるために、高圧洗浄によって汚れなどを落とし、ひび割れの補修や古い塗料を剥がすなど下地を調整します。
この下地処理は非常に重要で、この処理が適当に行われると、施工後に剥離や色あせが発生する可能性が高くなってしまいます。

下地処理
-

仕上げ塗り

【下塗り】下地調整材を塗って壁を引き締め、上塗りの下地作りを行います。
【上塗り(1回目)】2層目として上塗りを行います。
【上塗り(2回目)】3層目として上塗りを行います。
※劣化状況や塗り重ねの色が同系色で無い場合、2回塗り以上行うことがございます。

下地処理
-
- 外壁塗装・リフォームキャンペーン開催中

ただいま、WEB限定キャンペーン開催中!!

WEB限定で外壁塗装・リフォームキャンペーンを開催しています。キャンペーン期間中、無料診断・無料お見積もりまたは資料請求(無料)をしていただいた方、毎月10名様に3,000円分のQuoカードを進呈致します。外壁塗装・リフォームをご検討の方はお気軽にお申し込み下さい。

無料診断・無料お見積もりのお申し込み資料請求(無料)のお申し込み

Page Top