外壁塗装

外壁塗装

塗り替え時はいつ?

外壁塗り替え時とはいったいいつなのでしょうか、といったご質問をよくお受けいたします。
新築から10年近く経過すると外壁をはじめとしてお住まいの様々な部分に亀裂や剥離、ひび割れといった劣化が生じてきます。だからといって今すぐ危険ということではありませんが、これらの劣化が発生したタイミングが塗り替え時期の合図とも言えます。

塗り替え時:亀裂や剥離
-

塗り替えたらどんな効果があるの?

防水性

家の寿命はひび割れからの雨水の侵入によって縮む、と言われます。家を守るためには雨水の侵入を防ぐことが最も重要です。雨水は小さなひび割れからでも壁の内側に侵入するので、建物の内側から腐ってしまう可能性があります。
一般塗料や弾性塗料と比べても圧倒的に伸縮性が高い超弾性塗料のアステックペイントで塗装すると、例え壁にひびが入ってもゴムのように伸び縮みする塗料の膜で覆っているのでひび割れを表面化させません。また、高い防水性を発揮して雨水から家を守ります。しかも、塗膜が呼吸をするので結露の原因となる家の内側にこもりがちな湿気を外に出し、快適な室内空間を実現させます。

-

遮熱性

アステックペイントの塗料にはナノセラミックが含まれています。ナノセラミックが太陽光の熱源である赤外線を効果的に反射・防射するため、屋根や外壁からの熱を大幅に下げ、室内に熱を伝わりにくくさせます。
遮熱実験で一般塗料と比較してみるとアステックペイントで塗られた方は屋根の温度、室内温度が低いことが実証されています。室内温度が低いということは、エアコンの使用回数が減りCO2の削減にもつながります。

-

どのような作業を行うのですか?

主な外壁塗装作業としては、壁面の汚れなどを落とす「下地処理」と、壁面に塗料を塗る「仕上げ塗り」の2つの工程に分けられます。

下地処理

基本的な下地処理は水洗いとひび割れの処理になります。
現状の壁面と仕上げ塗装材との付着強度を高めるために、高圧洗浄によって汚れなどを落とし、ひび割れの補修や古い塗料を剥がすなど下地を調整します。
この下地処理は非常に重要で、この処理が適当に行われると、施工後に剥離や色あせが発生する可能性が高くなってしまいます。

下地処理
-

仕上げ塗り

【下塗り】下地調整材を塗って壁を引き締め、上塗りの下地作りを行います。
【上塗り(1回目)】2層目として上塗りを行います。
【上塗り(2回目)】3層目として上塗りを行います。
※劣化状況や塗り重ねの色が同系色で無い場合、2回塗り以上行うことがございます。

下地処理
-
-
  • 事業内容
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • アステックペイントとは
  • アフターサービス

ご相談・お問合せ 無料お見積り

  • 建物を長く、快適にお使い頂くために...
  • アステックペイントとは
  • アステックペイント施工例
  • アドグリーンコートとは
  • ご契約から施工、アフターメンテナンスまでの流れ
  • アフターサービス
  • 施工事例 グッドホームの実績の数々をご紹介
  • お客様の声 お客様の実際の感想をご紹介
  • よくある質問 お客様から頂戴する様々な質問とその回答をご紹介
  • 関連サイト
  • ASTEC
  • 安全安心まちづくり研究会
  • Fun to Share

Page Top